そば・蕎麦打ち道具のこだわり専門店 そば打ち道具工房おがわ


そば打ち道具 こね鉢

販売価格 59,000円 〜 69,800円
型番 p014
現在、この商品は扱っておりません。
この商品に対して問い合わせる
サイズ・重量600mmタイプ
 ・外径610、高さ200mm
 ・内径555、深さ170mm
 ・約9kg
550mmタイプ
 ・外径550、高さ180mm
 ・内径480、深さ150mm
 ・約7kg
材質ヒバ
塗装カシュー漆
生産国日本製(広島県) / made in Japan

【選び方】
そば粉の量によって大きさをお選びください。

制作に約10ヶ月かかる、こだわりのオリジナルこね鉢

そばはこね方によって仕上がりが大きく変わるため、こね鉢は蕎麦打ち仕事の中で最も重要な道具とされています。当店のこね鉢は、加工、乾燥し、カシュー漆塗りを10ヶ月以上使って、使いやすさを追求したこね鉢をじっくりとつくっています。サイズは外径550mm,600mmの2種類ございます。

使いやすさに徹底的にこだわっています。

蕎麦粉に均等に水分を浸透させる水回しのため、そば粉が底に滑り落ちてくるような形状に加工してあります。十分な深さもありそば粉がこぼれることもありません。力を入れて混ぜても、安定して使用でき、重量感を出すために無垢材で加工してあります。

こね鉢受け、こね鉢受け台とセットで、さらに使いやすくなります。

こね鉢受けを使うと、机の上でこね鉢が安定しますので、そば打ちの工程で一番大事な練りの作業をより正確かつスムーズに行なうことができます。さらにこね鉢受け台も、こね鉢、こね鉢受けと合わせて使えるサイズ感にしていますので、写真のようにより力を効率的使って練り作業ができます。

道具に使う木材すべて、ゆっくりと天然乾燥します。

おいしい蕎麦を打つために、そば打ち道具には木製品ですがその中でも特に精度の高さが求められます。要は「いかに直線なのか」。そのために工房おがわは、材の乾燥からこだわっています。木材の反りを少なくするために、道具に使う材はすべて1本1本角材にして、半年間以上の天然乾燥をします。時間がかかるのですが、こうすることで、加工時/加工後にも道具はより反りにくくなります。

1つ1つ、くり貫いていきます。

積層したヒバ材の大きな塊を、最新のNC機を使って、1つ1つゆっくりと正確にくり貫いていきます。こうすることで、手彫りに比べて価格が抑えることができ、本当に使いやすいこね鉢をお客様にお届けできるように努力しています。

家具産地「広島府中」、親子で奏でる「こだわり」のものづくり。

「工房おがわ」の工房は、周囲を山で囲まれた、高級家具産地として有名な広島県府中市にあります。木製家具製造で300年以上の歴史がある街で、家具職人で父親が立ち上げた工房では、息子も含めたさまざまな世代の職人たちが、木材と機械と毎日向き合いながら、和気あいあいと(たまに喧嘩)そば打ち道具を作っています。

▼使用上のご注意▼

※カシュー漆で塗装してありますので、キズが入らないよう硬くしぼったきれいな布巾で拭き取ってください。
※使用後は、乾いたタオルか硬く絞ったきれいなタオルで拭き取ってください。
※破損した場合は怪我の恐れがありますので、ご使用をおやめください。
※使用しない時は、高温多湿を避け、箱に入れて保管をお願いいたします。


▼その他▼

※自然素材のため、節、色目、木目などにバラつきがあります。また、多少のヒビ、傷、擦れ等がある場合があります。
※自然素材のため樹脂が染み出てくることがあります。その場合、消毒用アルコールで拭くか、お湯で洗ってください。洗ったあとは陰干ししてください。
※手作業工程のため、サイズや形が若干異なる場合があります。



Top